絵本と愛と子どもらと

目指せ3000冊の絵本レビュー。おすすめの絵本を、季節や行事や年齢ごとに紹介します。時々子育てコラム。私のおススメはタイトルに★をつけています。

【絵本】命・心・体

★647「クリスマスにはおくりもの」~サンタさんのリアルな姿に近いので、読む相手には注意。お話自体は優しさにあふれた素敵なものです。

クリスマスにはおくりもの ちょっとだけ現実的なサンタさんなので、「ソリに乗ってやってくる」を固く信じている子には微妙かも。 でも非常に素敵なお話です。好きです。「クリスマスにはおくりもの」表紙 「サンタさんのリアルな姿に近いので、読む相手には…

646「ねずみくんのクリスマス」~大きいものが小さいものをからかって笑うけれど、大事なのは優しい心。ほっこり優しいラスト。

ねずみくんのクリスマス (ねずみくんの絵本 19) ねずみくんシリーズってたくさん出てるんですね。 最初は意地悪なおはなしだなあと思いつつ、ラストはほっこりできてよかったです!「ねずみくんのクリスマス」表紙 「大きいものが小さいものをからかって笑う…

643「しんかんくんのクリスマス」~子どもを通して「自分の欲しいものは、あなたの欲しいもの。あなたが喜ぶことが一番嬉しい」とか言わせちゃう気持ち悪さ

しんかんくんのクリスマス 自分の子には絶対読ませたくない。この作者は子どもにどうなってほしいんだろう? 人の顔色をうかがって自分を押し殺すのが美しいと教えたいのだろうか。「しんかんくんのクリスマス」 「子どもを通して「自分の欲しいものは、あな…

639「ねえ、ほんよんで!」~みんな得手不得手があり、いろんな性質・個性を持っている。今後、絵本というものをじっくり味わいたくなる一冊。

ねえ、ほんよんで! とっても仲良しなうさぎとかめのお話。 それぞれ得意なこと、不得意なことがあり、それぞれを認め合い役割分担しながら世界を生きていくんだという一冊。「ねえ、ほんよんで!」表紙 「みんな得手不得手があり、いろんな性質・個性を持って…

★634「ジョンくんのてがみ」~愛や優しさが巡り巡って世界を循環する幸せなお話。愛は消えたように見えても消えていない。

ジョンくんのてがみ (絵本・こどものひろば) 愛や優しさは目に見えないように感じても、きっと生き続けて循環している。「ジョンくんのてがみ」表紙 「愛や優しさが巡り巡って世界を循環する幸せなお話。愛は消えたように見えても消えていない。」第5回絵本…

★632「つのはなんにもならないか」~鬼の子たちが「鬼でよかった、角があってよかった」と自分の存在を肯定する瞬間に立ち会える一冊

つのはなんにもならないか (おにのこあかたろうのほん 3) 「きのこほいくえん」もこれも、「一見マイナスに見える個性を持っていても、それが役に立つこともある」という本なのですが、 読み手に与える印象は正反対という…。 何が違うんだろう。ちゃんと子ど…

★631「むしばあちゃん」~大人も笑える歯の絵本。むしばあちゃんといればあちゃんのキャラが濃い!

むしばあちゃん ロックなむしばあちゃんの魅力のとりこになるでしょう。 いればあちゃんも素敵。「むしばあちゃん」表紙 「大人も笑える歯の絵本。むしばあちゃんといればあちゃんのキャラが濃い!」「虫歯になると怖いよ」と歯磨きをすすめる絵本はいくつか…

★★630「貝の子プチキュー」~「絵本です」と言うのは違和感を感じてしまう、美しすぎる大きめの芸術作品。とにかく読んでほしい。

貝の子プチキュー (日本傑作絵本シリーズ) 「絵本」という表現はなんか違う。。非常に重厚で美しい総合的な芸術。 心からお勧めします。「貝の子プチキュー」表紙 「「絵本です」と言うのは違和感を感じてしまう、美しすぎる大きめの芸術作品。とにかく読ん…

629「きのこほいくえん」~サイコパス感あふれる、トラウマになりそうな一冊。こわい。

きのこほいくえん (講談社の創作絵本) 絵本というジャンルが大好きなので絵本というだけで全体的に評価はかさ上げされているのですが、 のぶみさんのだけはちょっと無理なんだなあ。 ぞっとしてしまった。「きのこほいくえん」表紙 「サイコパス感あふれる、…

★627「どんくまさんと おたんじょうび」~うさぎの子どもたちが祝ってくれる誕生日。どんくまさんと子どもたちの心の交流が幸せすぎる。

どんくまさんと おたんじょうび (至光社国際版絵本) 第一作よりパワーアップしています。 子どもとの交流に心温まります。「どんくまさんと おたんじょうび」表紙 「うさぎの子どもたちが祝ってくれる誕生日。どんくまさんと子どもたちの心の交流が幸せすぎ…

★625「くいしんぼさんのうた」~元気で生命力あふれる子どもたちの笑顔が溢れている一冊。エネルギーをもらえる不思議な本。

くいしんぼさんのうた 楽しくて雄大で穏やかで元気という、ポジティブな気持ちがどーんとやってくる不思議な作品。 エネルギーにあふれています。「くいしんぼさんのうた」表紙 「元気で生命力あふれる子どもたちの笑顔が溢れている一冊。エネルギーをもらえ…

★624「すいはんきのあきやすみ」~炊飯ジャーが秋休みで運動会に乱入。ほのぼの平和で、さーっと楽しく読めます。

すいはんきのあきやすみ (PHPとっておきのどうわ) 秋特集。 最初から最後まで平和でほのぼのスムーズに楽しめる児童書。 炊飯器が運動会に乱入します。「すいはんきのあきやすみ」表紙 「炊飯ジャーが秋休みで運動会に乱入。ほのぼの平和で、さーっと楽しく…

623「まじょがかぜをひいたらね」~全編にわたりジョークの連発で「ここ面白いでしょ?」アピールは感じるんだけど、意図も何を笑えばいいのかもわからなかった。

まじょがかぜをひいたらね 冬特集。 ごめんなさい面白さがよくわかりませんでした!「まじょがかぜをひいたらね」表紙 「全編にわたりジョークの連発で「ここ面白いでしょ?」アピールは感じるんだけど、意図も何を笑えばいいのかもわからなかった。」まず、…

★★617「こぎつねコンとこだぬきポン」~個の愛は、先祖からの民族間の争いを解決するのか。現代社会にも通じる温かい名作。

こぎつねコンとこだぬきポン (童心社の絵本) 秋特集。 個と個の間の愛は、周りの争いをも解決できるのか?という深い作品。 子どもの頃に読んだ記憶が蘇りました。「こぎつねコンとこだぬきポン」表紙 「個の愛は、先祖からの民族間の争いを解決するのか。現…

615「あそびずかん あきのまき」~スマホ・タブレット世代の子どもたちにぜひ遊んでほしい、昔ながらのシンプルかつ体と心を鍛える遊びの数々。

あそびずかん あきのまき 秋特集。 外遊びから学ぶことは多いです。この遊び図鑑は語り継ぎたい!「あそびずかん あきのまき」表紙 「スマホ・タブレット世代の子どもたちにぜひ遊んでほしい、昔ながらのシンプルかつ体と心を鍛える遊びの数々。」懐かしい!…

★★611「できるかな?―あたまからつまさきまで」~曲として覚えてしまえば、子どもにウケる。動物と一緒に体を動かそう!

できるかな?―あたまからつまさきまで 月が小さくなったところを持ってくる、じゃなくて、細くなったところを持ってくる、だったら 科学的に正解で良かったな…。「できるかな?―あたまからつまさきまで」表紙 「曲として覚えてしまえば、子どもにウケる。動…

610「おかしだいすき」~お菓子に関する絵本かとおもいきや、歯磨きを促す本でした。

おかしだいすき(げんきえほん (6)) 表紙のかわいらしいイラストから「お菓子の魅力を語る本なのかな」と思ったら全然違いました(笑)「おかしだいすき」表紙 「お菓子に関する絵本かとおもいきや、歯磨きを促す本でした。」「おかしだいすき」ってタイト…

605「ぱんぱんパンのまあるまる」~全体的に説明不足で、読んでいて疑問がいっぱい。絵はかわいらしい。しかけは不要。

ぱんぱんパンのまあるまる (たべものしかけえほん) しかけ絵本なんですが、しかけである必要性がわからない本です。 パンの本なのか、歯の本なのか…。「ぱんぱんパンのまあるまる」表紙 「全体的に説明不足で、読んでいて疑問がいっぱい。絵はかわいらしい。…

★★祝600冊「葉っぱのフレディ―いのちの旅」~いつか大切な人を亡くす時、自分が死に直面した時、この本が魂を救ってくれる気がします。

葉っぱのフレディ―いのちの旅 秋~冬特集。 言わずと知れたベストセラー。「死」=「引っ越し」という言葉が魂を救ってくれます。「葉っぱのフレディ―いのちの旅」表紙 「いつか大切な人を亡くす時、自分が死に直面した時、この本が魂を救ってくれる気がしま…

596「むしホテルへようこそ」~とにかく絵も字も虫メガネが必要なんじゃないかという小ささ。神経を使い集中するのを楽しむ本。

むしホテルへようこそ 秋特集。 細かいものを探すのが好きな人にはぴったり。ウォーリーを探せ的な細かさ。「むしホテルへようこそ」表紙 「とにかく絵も字も虫メガネが必要なんじゃないかという小ささ。神経を使い集中するのを楽しむ本。」第一印象も、何回…

★594「どんぐり かいぎ 」~生態系のバランス、適切な生き物の数について考える機会を与えてくれる素晴らしい本。

どんぐり かいぎ (かがくのとも傑作集 どきどき・しぜん) 秋特集。 環境・地球・命について考えさせられる素晴らしい一冊。「どんぐり かいぎ 」表紙 「生態系のバランス、適切な生き物の数について考える機会を与えてくれる素晴らしい本。」ちょうど、台風…

593「こぐまとめがね」~「こぐま」とあるが、大人の世界。死にたい気持ちやら、運命の恋愛やら。

こぐまとめがね 子ども向けじゃないだろう、思春期向けだろう、と思いました。 幼児に死にたい気持ちはなかなか教えないかと…。「こぐまとめがね」表紙 「「こぐま」とあるが、大人の世界。死にたい気持ちやら、運命の恋愛やら。」タイトルに「こぐま」がつ…

★★590「どんくまさん」~1967年という古い作品。失敗ばかりだけど心優しいどんくまさんにみんな惹かれる。

どんくまさん (至光社国際版絵本) 長く愛されるどんくまさんシリーズの第一作目。 漢字で書くと鈍くさい熊、鈍熊さんか。「どんくまさん」表紙 「1967年という古い作品。失敗ばかりだけど心優しいどんくまさんにみんな惹かれる。」味のあるシンプルだけど素…

★589「あかいはっぱのおくりもの」~死は怖いし悲しいけれど、次の世代にきちんとその生は引き継がれて、地球は回る。

あかいはっぱのおくりもの (スピカのおはなしえほん) 秋特集。 死について考える、感じる。いもとようこさんの作品の中でもかなり心に響いたやつ。「あかいはっぱのおくりもの」表紙 「死は怖いし悲しいけれど、次の世代にきちんとその生は引き継がれて、地…

588「はたけのカーニバル」~畑の農作物たちとおじいさんの夜のお祭り。生命力に溢れる。派手! カラフル!

はたけのカーニバル (絵本・こどものひろば) 夏特集なのか秋特集なのか。 超ド派手な、農作物とおじいさんのカーニバルです!「はたけのカーニバル」表紙 「畑の農作物たちとおじいさんの夜のお祭り。生命力に溢れる。派手! カラフル!」田島征三さんは大好…

584「ふたごのどんぐり」~ふたごのどんぐりが何百年の年月を経て、立派なふたごのかしの木になるまでの壮大な物語。

ふたごのどんぐり (えほんのもり) 秋特集。 街はずれの公園にある立派なふたごのかしの木になるまでのお話。自然は雄大、壮大、偉大。「ふたごのどんぐり」表紙 「ふたごのどんぐりが何百年の年月を経て、立派なふたごのかしの木になるまでの壮大な物語。」…

★★580「木を植えた男」~継続は力なり、千里の道も一歩より、ということを実感を持って教えてくれる。神業ともいえる偉業の物語。

木を植えた男 黙々と種を植えていくという地道な継続・努力に圧倒されます。 考える暇もなくひたすらに手を動かす。その先の実りに大切なものを教わります。「木を植えた男」表紙 「継続は力なり、千里の道も一歩より、ということを実感を持って教えてくれる…

★★570「まいごのどんぐり」~泣ける! 映画みたい。大好きな気持ちを持ち続ける心の美しさと実った時の最高の嬉しさが描かれる。

まいごのどんぐり (絵本・こどものひろば) 秋特集。 泣けます。泣ける本だなんて知らずに読んで、想定外にぽろぽろ泣いてしまった。 映画みたいによくできていて美しいお話。 絵がまたとんでもなくドラマチック!「まいごのどんぐり」表紙 「泣ける! 映画み…

569「うんどうかいがはじまった」~運動会でルール無視・わがままをするつねきちの行動を通して、子どもたちに自発的に考えさせる。

うんどうかいがはじまった (くりのきえんのおともだち (6)) スポーツ・運動会特集。 一冊だけ運動会本のアップが遅くなってしまった ルールを無視してわがままし放題のお友達を通して考える。「うんどうかいがはじまった」表紙 「運動会でルール無視・わがま…

★563「あきにであったおともだち」~好きな人を独占したいがために出てくる怒りや悲しみと戦う。その先にある心の成長。

あきにであったおともだち 秋特集。 物語がしっかりしていて、優しい気持ちを育むタッチィのシリーズ。「あきにであったおともだち」表紙 「好きな人を独占したいがために出てくる怒りや悲しみと戦う。その先にある心の成長。」メルヘンチックなテイストで、…