絵本と愛と子どもらと

目指せ3000冊の絵本レビュー。おすすめの絵本を、季節や行事や年齢ごとに紹介します。時々子育てコラム。私のおススメはタイトルに★をつけています。

【作家】谷川俊太郎

★81「あな」~深い。心の奥深くまで考えを巡らせている描写なのかな?

あな (こどものとも傑作集) ただただ穴を掘るという単純で面白い絵本ととるか。 穴を「心」と見るか。 私は後者でしたが、たぶん正解はない。 読む人によって見え方が違う。 「あな」表紙「深い。心の奥深くまで考えを巡らせている描写なのかと感じた」横に…

★42「ココロのヒカリ」~私たちの心は宇宙のよう。ときに時間も空間も超越する

ココロのヒカリ (みるみる絵本) どちらかというと大人向けです。 子どもも楽しめると思いますが、それよりハマるのは大人かな…。 「ココロのヒカリ」とはなんだろうと考えてみてください。 タイポグラフィも面白くて素敵です。 「ココロのヒカリ」表紙 「私…

★32「しんでくれた」~いつか「死んでくれた」ではなく「殺している」を説明できる親になりたい

しんでくれた 「やきざかなののろい」繋がりで、食育の本をもう一冊。 bookand.hateblo.jp タイトルにドキッとします。谷川俊太郎さんの詩。 絵は「やきざかなののろい」の著者の塚本やすしさん。 あなたはなぜ人間が動物を殺して食べるのか説明できますか。…