絵本と愛と子どもらと

目指せ3000冊の絵本レビュー。おすすめの絵本を、季節や行事や年齢ごとに紹介します。時々子育てコラム。私のおススメはタイトルに★をつけています。

【絵本】冬

379「おひさまみたいに」~ひまわりと少女の心の交流を描く。このひまわりは誰かの擬態なのかな…?

おひさまみたいに 夏特集。 このひまわりはお父さんとかお兄さんを重ねたものなのかな。 読む人によっていろんな感想や解釈を持つ作品だと思います。「おひさまみたいに」表紙 「ひまわりと少女の心の交流を描く。このひまわりは誰かの擬態なのかな…?」鮮や…

★156「どんぐりむらのいちねんかん」~愉快で詳しい、どんぐりむらの12か月を巡る旅

どんぐりむらのいちねんかん (どんぐりむらシリーズ) どんぐりむらシリーズの集大成とも言えるような作品。 今までのキャラクター総出で、むらの12か月を丁寧に描きます。「どんぐりむらのいちねんかん」表紙 「愉快で詳しい、どんぐりむらの12か月を巡る旅…

★113「はなをくんくん」~白黒なのに伝わってくる温度やワクワク感

はなをくんくん (世界傑作絵本シリーズ) 懐かしい! 幼いころ家にあってよく読んでいました。 白黒なのに温度や匂いが感じられる、見ていると五感が研ぎ澄まされます。 子どもの想像力を掻き立てる名作。「はなをくんくん」表紙 「白黒なのに伝わってくる温…

111「からたちばやしの てんとうむし」~四季の変化と身近な虫たちの習性を描いた、素晴らしい理科教材

からたちばやしの てんとうむし (かこさとし おはなしのほん(10)) この本をもって草むらにてんとう虫をさがしに行きたくなります。 加古さんは理科教材としてこの絵本を描いたそうです。 「からたちばやしの てんとうむし」表紙 「四季の変化と身近な虫たち…

★96「ふゆめ がっしょうだん」~冬の木をミクロの視点から見ると、顔だったなんて!

ふゆめ がっしょうだん (かがくのとも傑作集 どきどき・しぜん) 冬の木の、芽をよーく観察したことありますか? 私はなかったのですがこれを読んだら今からでも外に飛び出してあらゆる木を見てみたくなりました! 顔、顔、顔!「ふゆめ がっしょうだん」表紙…

★88「もりのてがみ」~ひろこさんと自然の、手紙を通じた愛のある対話

もりのてがみ (こどものとも傑作集) 春が近づく2~3月に読みたい絵本。 片山さん夫妻の描く世界は愛にあふれています。 ひろこさんと自然の愛ある対話をお楽しみください。 早く春よ来い! 「もりのてがみ」表紙「ひろこさんと自然の、手紙を通じた愛のあ…

83「とりのうた」~生命の美しさを、美しい絵と言葉で直接訴えかけてくる作品

とりのうた 生きているとこんなに美しい世界を見ることができる。 命の誕生に立ち会うことができる。 生きているって素晴らしい、そんなダイレクトなメッセージ。 「とりのうた」表紙「生命の美しさを、美しい絵と言葉で直接訴えかけてくる作品」生きている…

79「もうすぐもうすぐ」~冬の厳しさと美しさ、季節の移ろい、家族との温かいふれあい、友達との出会い。

もうすぐもうすぐ 春は季節であり友達であり。 家族・友達・季節の移ろいと美しさ。いろんな要素を兼ね備えたバランスの良い一冊です。 「もうすぐもうすぐ」表紙「冬の厳しさと美しさ、季節の移ろい、家族との温かいふれあい、友達との出会い。」優しい鉛筆…

★74「はるにれ」~「あなたは一生懸命今を生きているか」と問うてくる。

はるにれ (日本傑作絵本シリーズ) 写真集だがあくまで絵本。 文字は一切ないのに、一本の木が迫って、我々に問うてくる。 生命力に圧倒される。 大人にもおススメ。 「はるにれ」表紙 「「あなたは一生懸命今を生きているか」と問うてくる。」ハルニレとは、…

★73「ぽとんぽとんは なんのおと」~幸せそうな親子熊の冬ごもり。春の世界に出ていく三匹の姿に感動

ぽとんぽとんは なんのおと (こどものとも傑作集) 「くまのこウーフ」の神沢利子さんの作品。 雪が溶け春が近づく3月、この季節に読みたいです。冬ごもりの温かさと外の世界の厳しさ、そして 春の世界に出ていく親子熊の姿に、感動してゾクゾク。 「ぽとん…

★70「ゆーらり ももんちゃん」71「ぱたぱた ももんちゃん」72「おんなじおんなじ ももんちゃん」

ゆーらり ももんちゃん (ももんちゃん あそぼう) ももんちゃん祭りはこれで最後、これで全部です。 お疲れ様わたし。 「ゆーらり ももんちゃん」表紙 「夜のブランコの秘密は!?」いつもと趣が違って、夜、お星さまが出ている時間です。 ももんちゃんときん…

★25「おにはうち!(ピーマン村の絵本たち)」~節分を題材にした道徳の勉強。差別やいじめを考える。

おにはうち! 節分の本をまだまだ紹介します。 なぜか節分の本に佳作が多いのはなぜ…? 節分というか、鬼を題材にした絵本全般に多い。 「鬼=悪」のイメージだけど、本当に悪いものなの? 本質を知っているの? 自分で確かめてみた? 本当は優しいかもよ………

★24「オニたいじ」~悪とは、正義とは。道徳に使える、スケールも懐も大きな本。

オニたいじ 節分が終わってしまいましたが、節分にまつわる本を何冊か紹介します。 ああ時期が惜しい! 節分の豆が意志をもって考えていたらどうなる? というお話です。 これは道徳にいいんじゃないかと個人的にとても気に入っています。 「オニたいじ」表…

★21「だるまちゃんとうさぎちゃん」~時を経て子どもの頃の気持ちを思い出した名作

だるまちゃんとうさぎちゃん コラム「絵本はラブレター」に書いた絵本。 懐かしい懐かしい。 bookand.hateblo.jp 「だるまちゃんとうさぎちゃん」表紙「時を経て子どもの頃の気持ちを思い出した名作」懐かしい! 私が子どもの頃、35年ほど前に家で何度も読み…

20「ゆきのひ (こどものとも傑作集)」~昭和の雪国の生活ここにあり。人々の営みのぬくもりが感じられる一冊。

ゆきのひ (こどものとも傑作集) 冬に読みたい一冊。 雪国の冬はとても厳しく、でも人との繋がりは温かい。 てんぐちゃんシリーズの加古里子さんの作品です。古い。長く愛されているのがわかります。 「ゆきのひ」表紙「雪国の生活はとても大変で、でも温かい…

8「ふゆのおばけ 」~空想はいつだっておばけの世界に連れて行ってくれる

ふゆのおばけ お化けと言えば、せなけいこさん。 子どもたちもなぜか怖がりながらもおばけ大好きですよね。 せなさん、冬にもおばけがいたっていいじゃない! 夏の風物詩だけじゃないのよと、冬もおばけの世界へ連れて行ってくれます。 さすが!! さて、冬…

7「とらたとおおゆき」~家族も友達もお巡りさんもサンタクロースも登場する、欲張り絵本

とらたとおおゆき 子どもは雪が大好き。自分も大好きだったなあ。温暖な地方出身なのでほとんど降ったことがありませんでしたが。 その「降らなさ」が雪へのあこがれを強くして、大きくなってからスキーにはまってしまいました。 でもスキー以外の雪はもうい…

6「ゆきのともだち」~自分の心の声に耳を傾け、願えば、世界は変わる

ゆきのともだち 予想外に雪が積もらなかった! 子どもたちは楽しみにしていたのに残念そう。でも大人はほっとしました…。 寒いうちにまだまだ雪の本を紹介します。海外の作品です。「ゆきのともだち」表紙「自分の心の声に耳を傾け、願えば、世界は広がる」…

5「ゆきだるまのあたま」~せなけいこさんと娘さんの合作。ゆきだるまの頭に最適なのは…?

ゆきだるまのあたま 雪の日。ここぞとばかりに雪にちなんだ絵本を紹介していきます! 超有名どころ、せなけいこさんの作品がいよいよ登場です。 子どもってせなけいこさんの作品が大好きですよね。大人から見ると「ええ!? なぜそんな展開? そんなオチ?」…

★4「ゆきだるま(スノーマン)」~子どもの想像力をかきたてる、儚く、美しく、温かい不思議な絵本

ゆきだるま(スノーマン) 東京は雪ですね。雪の日にぴったりの一冊を紹介します。 ものごとは終わりがあるからこそ美しい。そんな深い哲学的なことまで教えてくれるような、儚く綺麗な字のない絵本です。「ゆきだるま(スノーマン)」表紙 1.あらすじや感…