絵本と愛と子どもらと

目指せ3000冊の絵本レビュー。おすすめの絵本を、季節や行事や年齢ごとに紹介します。時々子育てコラム。私のおススメはタイトルに★をつけています。

639「ねえ、ほんよんで!」~みんな得手不得手があり、いろんな性質・個性を持っている。今後、絵本というものをじっくり味わいたくなる一冊。

ねえ、ほんよんで!

とっても仲良しなうさぎとかめのお話。
それぞれ得意なこと、不得意なことがあり、それぞれを認め合い役割分担しながら世界を生きていくんだという一冊。

f:id:reviewand:20191127160755j:plain
「ねえ、ほんよんで!」表紙


「みんな得手不得手があり、いろんな性質・個性を持っている。今後、絵本というものをじっくり味わいたくなる一冊。」

うさぎとかめのお話ですが、この本では競争はしません。とっても仲良しな2匹です。
うさぎはせっかちでじっとしていられなくて、何をするにも速いです。
でも亀は性格も慎重だし動きはゆっくりだし考えるのも遅いし、正反対の性質。
それでも仲良しなのがとっても素敵ですね。
お互いが嫌にならないのがすごいです。素晴らしい。

でも、本を読むときになるとさっきまでの性質・関係が逆転します!
亀は読むのが早い。
それを「ねえねえもっとゆっくり読んでよ!」と催促するうさぎ。

どんな人も得手不得手がある、個性がある、というほのぼのしたお話。
そしてこれを読むと、ゆっくりじっくり絵本というものを味わいたくなります。

うさぎとかめと一緒に横にちょろちょろしている小さな生き物たち(蜂、カタツムリ、蝶々、蜘蛛、てんとう虫)も気にして見てみるといろんな動きをしていて楽しいです!


2.情報

著者:レイン マーロウ (著), 福本 友美子 (翻訳)
出版年月日:2009/1/1
出版社:徳間書店
ページ数:26ページ
おすすめ対象年齢:3歳から