絵本と愛と子どもらと

目指せ3000冊の絵本レビュー。おすすめの絵本を、季節や行事や年齢ごとに紹介します。時々子育てコラム。私のおススメはタイトルに★をつけています。

369「ピッキーとポッキーのかいすいよく」~安西水丸さんの大胆で鮮やかで可愛らしい絵が、絵本全体を平和に演出している

ピッキーとポッキーのかいすいよく (幼児絵本シリーズ)

夏特集。
「がたんごとんがたんごとん」の安西水丸さんのイラストです。
鮮やかで昭和っぽい雰囲気。

f:id:reviewand:20190803115532j:plain
「ピッキーとポッキーのかいすいよく」表紙


安西水丸さんの大胆で鮮やかで可愛らしい絵が、絵本全体を平和に演出している」

この昭和感あるイラスト、懐かしい…!と思ったら、「がたんごとんがたんごとん」の安西水丸さんのイラストでした。
納得。

うさぎのピッキーとポッキーが、いかだで川を下り、途中で物々交換をしながら海グッズを手に入れ、
海水浴を楽しみ、溺れるという波乱を乗り越えるお話です。
途中事件はありますが、全体的に平和です!
いろんな動物たちが登場して夢に溢れています。
この水彩マーカーで大胆かつ鮮やかに塗られ、そのおおらかさと塗りむらの柔らかさからこの雰囲気が出来上がっている気がします。


2.情報

著者:あらしやまこうざぶろう (著), あんざいみずまる (イラスト)
出版年月日:2010/5/25
出版社:福音館書店
ページ数:32ページ
おすすめ対象年齢:3歳から