絵本と愛と子どもらと

目指せ3000冊の絵本レビュー。おすすめの絵本を、季節や行事や年齢ごとに紹介します。時々子育てコラム。私のおススメはタイトルに★をつけています。

★★407「ねないこだれだ」~言わずと知れた元祖トラウマ絵本。オチって完璧じゃなくていいんだと思い知らされます。

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本)

おばけ特集。
なんて気弱な幽霊なんだ…いじらしい。
オチはいつものせなさんのパターンで、飛ばされます。

f:id:reviewand:20190815132040j:plain
ねないこだれだ」表紙


「言わずと知れた元祖トラウマ絵本。オチって完璧じゃなくていいんだと思い知らされます。」

言わずと知れた名作、ベストセラー。
大人向けにはグッズにもなったりして、可愛いキャラとなり愛されていますが、でも子どもにはやっぱり怖いようです。
「トラウマ絵本」の元祖的存在ではないでしょうか。

黒の使い方、ちぎり絵のギザギザ、登場人物たちのぎょろっとした目が怖さを引き立てます。

最後の「とんでいけー」はせなけいこさんの得意なオチ(笑)
「きれいなはこ」も「はらぺこゆうれい」も飛ばして終わり。
雑と言えば雑だし(笑)、その先を子どもが勝手に想像する力を引き出すのも事実。
オチって完璧じゃなくていいんだと思い知らされます。


2.情報

著者:せな けいこ
出版年月日:1969/11/20
出版社:福音館書店
ページ数:24ページ
おすすめ対象年齢:2歳から