絵本と愛と子どもらと

目指せ3000冊の絵本レビュー。おすすめの絵本を、季節や行事や年齢ごとに紹介します。時々子育てコラム。私のおススメはタイトルに★をつけています。

★244「ふまんがあります」~仮説。このお父さんは、「りゆうがあります」の男の子が成長した姿ではないだろうか?

ふまんがあります (PHPわたしのえほん)

私は「りゆうがあります」の屁理屈をいくらでも喋れる主人公の男の子が、
「ふまんがあります」のお父さんなんじゃないかと勝手に妄想しています。
bookand.hateblo.jp

そう思うと色々なつじつまが合うのよね…。
なのでぜひセットで読んでください!

f:id:reviewand:20190604223126j:plain
「ふまんがあります」表紙


「仮説。このお父さんは、「りゆうがあります」の男の子が成長した姿ではないだろうか?」

大好きなヨシタケシンスケさんの作品。
そうだよね、子どもから見たら大人はずるいですよね…。
子どものことばかり叱って、大人はなんで許されるのかってことばかり。私も3歳のわが子に最近「なんで〇〇ちゃんはだめなのにママはいいの?」とついに聞かれるようになってしまいました。

「りゆうがあります」「ふまんがあります」はセットで読みたいです。
私は「りゆうがあります」の屁理屈をいくらでも喋れる主人公の男の子が、「ふまんがあります」のお父さんなんじゃないかと勝手に妄想しています。成長した姿。だってなかなかここまで面白い屁理屈を並べられる人もいません。逸材です。同じ人物だと思うと腑に落ちます。

最後は父と子の愛に感動!
面白くて気持ちが温かくなる一冊です。


2.情報

著者:ヨシタケ シンスケ
出版年月日:2015/9/18
出版社:PHP研究所
ページ数:32ページ
おすすめ対象年齢:5歳から