絵本と愛と子どもらと

目指せ3000冊の絵本レビュー。おすすめの絵本を、季節や行事や年齢ごとに紹介します。時々子育てコラム。私のおススメはタイトルに★をつけています。

★★177「かん かん かん」~手で触れたらどんな感じだろう? 様々な素材感が楽しめる造形絵本。

かん かん かん (0.1.2.えほん)

よーく見ると様々な素材が使われている造形たちです。
手に取って触ってみたい。
どうやって、何を使って作ったと思う? そんな会話を子どもとしてみても楽しそうです。

f:id:reviewand:20190427033913j:plain
「かん かん かん」表紙


「手で触れたらどんな感じだろう? 様々な素材感が楽しめる造形絵本。」

造形作家の川本幸さんがスプーンや段ボール、手袋、鉛筆など身近な素材で制作した造形を、写真に収め、絵本作品にしたもの。

「かんかんかん んまんまれっしゃがとおります」
んまんま?と思ったら「美味しい」の意味ね!
先頭がポットで、台車はスプーンやナイフ。上に乗るのは布や毛糸や紙粘土?でできた美味しそうな食材や料理たち。

ぶうぶうれっしゃの車は、帽子でできています!

にゃあにゃあれっしゃの猫は、カップや花瓶やお皿と思われるものに靴下っぽい伸縮性のある生地がかぶせて作られています。

いろんな素材感、いろんな色が楽しめるわくわくに溢れた作品です。


2.情報

著者:のむら さやか (著), 川本 幸 (著), 塩田 正幸 (写真)
出版年月日:2010/6/10
出版社:福音館書店
ページ数:20ページ
おすすめ対象年齢:0歳から