絵本と愛と子どもらと

目指せ3000冊の絵本レビュー。おすすめの絵本を、季節や行事や年齢ごとに紹介します。時々子育てコラム。私のおススメはタイトルに★をつけています。

【絵本】おばけ・妖怪・地獄・鬼

224「ゆうれいのたまご」~こんな可愛いおばけたちが生まれてくる卵なら拾ってみたい!

ゆうれいのたまご (せなけいこ・おばけえほん) せなけいこさんのおばけ絵本シリーズ。 おばけはこわいけど、せなけいこさんのおばけは可愛いですよね。 全部集めたくなります。「ゆうれいのたまご」表紙 「こんな可愛いおばけたちが生まれてくる卵なら拾って…

171「うえきばちです」~土があったからのっぺらぼうを植える!? 子どもにとても受けるナンセンス絵本

うえきばちです 注意。怖がりな子、繊細な子にはやめておきましょう。かなりの恐怖と衝撃を与えます。 ちなみに私は大人ですが怖いです。家に置いておきたくない。 普通の子は大丈夫です。 保育園のクラスで読み聞かせをして、うちの子は恐怖でひとり号泣で…

126「はるかぜのホネホネさん」~何度も読み込んでしまう白黒絵本。あったかい気持ちになります。

はるかぜのホネホネさん (こどものとも絵本) ホネホネさんがなぜ骨なのかはわからない…。 でもこんなに愛されている骨もなかなかいないでしょう。 春の暖かい日にぜひ読みたいです。「はるかぜのホネホネさん」表紙 「何度も読み込んでしまう白黒絵本。あっ…

★112「おにぎりにんじゃ おこめがはまの けっせん」~絵の素晴らしさと、意外性の連続のドキドキストーリー

おにぎりにんじゃ おこめがはまの けっせん (講談社の創作絵本) この本をもって草むらにてんとう虫をさがしに行きたくなります。 加古さんは理科教材としてこの絵本を描いたそうです。 「おにぎりにんじゃ おこめがはまの けっせん」表紙 「絵の素晴らしさと…

98「ブタヤマさんたらブタヤマさん」~現実か、夢か、幻か… キャベツくんシリーズで一番哲学的

ブタヤマさんたらブタヤマさん (えほんのもり 9) キャベツくんシリーズの中で唯一登場人物がブタヤマさんだけ。 シュール。 色々考えてしまうが、考えることがナンセンスなのか。感じればいいのか。 ブタヤマさんがアレなのか、我々がアレなのか。 どうすれ…

★92「オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ」~日本は八百万の神の国なんだよと教えるのによい教材。相変わらず手が込んでいる

オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ (日本傑作絵本シリーズ) オニのサラリーマンの続編。 読み間違えの多い私、「しょっちゅうはつらいよ」とずっと読んでいて、 絵本の本文を読んでもまだ「しょっちゅう」と読んで、 このタイトルは結局何だったん…

47「わたしのおひなさま」~ひな祭りの起源について学ぶとともに、親子の愛を描く

わたしのおひなさま (カラフルえほん) 今日から怒涛の「ひな祭り絵本」紹介です。お楽しみに! 好みのひな祭り絵本が見つかりますように。 まずは流し雛の由来を教えてくれる心温まるお話です。 「わたしのおひなさま」表紙「ひな祭りの起源について学ぶとと…

★46「ないたあかおに」~優しさにさらに優しさをかぶせてくる名作

ないたあかおに (絵本・日本むかし話) かなり古い名作なので、読んだことがある人も多いのでは?誰かのことが大事すぎて、好きすぎて、自分を犠牲にする。 そこまでしなくていいんだよと思いながらもでもやっぱり感動しちゃう。 自分にそんなことができる相…

★45「オニのサラリーマン」~世界一人間臭い、おっさん鬼

オニのサラリーマン (日本傑作絵本シリーズ) 「わし、オニでんねん。すんまへん。」と仕事のストレスで飲んで、酔っ払ってヘロヘロと帰宅する後ろ姿が、 日本の疲れた愛すべきお父ちゃんたちと重なる傑作。 お疲れ様ですオニガワラ氏! お疲れ様ですサラリー…

★43「カレー地獄旅行」~昭和・サブカル大好き大人も全力で楽しめる食育絵本

カレー地獄旅行 私も娘もドはまりして、買いました! 昭和の居間が、食卓が、ここにあり! イラストのテイストも、細部への徹底的なこだわりも、すごく好きです。 作りこみが細かいので何度読んでも楽しめます。 そんな作者は『ニッポン』をテーマにダイナミ…

★26「ふくはうちおにもうち (えほんのマーチ10)」~親切に明るく暮らせば幸せはやってくるというメッセージ性

ふくはうちおにもうち この節分の本も★(私のおすすめ)が付きました! 節分本の佳作率おそるべし。ちなみに息子と娘の通う保育園では、節分に本気の鬼が出たようで、 怖がりの娘はもちろん泣き叫びその日の晩は0時まで寝付けず、さらに夜泣きで何度も目覚め…

★25「おにはうち!(ピーマン村の絵本たち)」~節分を題材にした道徳の勉強。差別やいじめを考える。

おにはうち! 節分の本をまだまだ紹介します。 なぜか節分の本に佳作が多いのはなぜ…? 節分というか、鬼を題材にした絵本全般に多い。 「鬼=悪」のイメージだけど、本当に悪いものなの? 本質を知っているの? 自分で確かめてみた? 本当は優しいかもよ………

★24「オニたいじ」~悪とは、正義とは。道徳に使える、スケールも懐も大きな本。

オニたいじ 節分が終わってしまいましたが、節分にまつわる本を何冊か紹介します。 ああ時期が惜しい! 節分の豆が意志をもって考えていたらどうなる? というお話です。 これは道徳にいいんじゃないかと個人的にとても気に入っています。 「オニたいじ」表…

23「ようかい ばぁ (そうえんしゃ・日本のえほん)」~いろんな妖怪たちのいないいないばあ!

ようかい ばぁ (そうえんしゃ・日本のえほん) 妖怪たちがいないいないばあ! どんな妖怪がいるのかな。乳児から楽しめます。 「ようかい ばぁ」表紙 「いろんな妖怪たちのいないいないばあ!」かっぱ、ばけねこ、あとおいこぞう、おに、ほねおんな、てんぐ、…

8「ふゆのおばけ 」~空想はいつだっておばけの世界に連れて行ってくれる

ふゆのおばけ お化けと言えば、せなけいこさん。 子どもたちもなぜか怖がりながらもおばけ大好きですよね。 せなさん、冬にもおばけがいたっていいじゃない! 夏の風物詩だけじゃないのよと、冬もおばけの世界へ連れて行ってくれます。 さすが!! さて、冬…